リースバック (所有車両のリース化)

リースバックとは

リースバックとは、お客様が所有する全車両を当社が原則帳簿価格で買取り、一括してリース契約に切り替える方法です。車両管理にまつわる業務削減など様々なメリットが期待できます。リースバックならば、古い車両の入替タイミングを持つことなく、車両を使い続けながら、リース化することが可能です。

所有車両をリースバックした場合

所有車両をリースバックした場合

リースバックのメリット

メリット1

車両に関する費用がリース料に一本化され、コスト管理が容易になります。

メリット2

異なる時期に導入した車両の管理がオートリース契約として一本化されるため、業務を削減することが可能です。

メリット3

リースバック契約に任意保険も含めることができますので、自動車保険の契約内容見直しのご相談も可能です。

メリット4

車両の買取代金をお支払いしますので、一時的な資金として活用が可能です。

メリット5

原則帳簿価格で買い取らせていただきますので、損益には影響しません。

リースバックの流れ

リース化により車両管理業務削減を目指す場合、リースバックではなく、古くなった車両の入替時から順次リース契約に変更していくことも可能です。その場合、リースでの車両入替までの間、所有車両のメンテナンスのみを当社に委託していただくことも可能です。(詳細はお問い合わせ下さい)

リースバック プランの例

車両それぞれの走行距離、使用年数、使用状況などをもとにして、一台ごとに最適なリース期間、メンテナンス内容をご提案します。

初度登録から5年間使用すると仮定し、
リース開始日から5年目の車検到来日 前月末日までの残月数を契約期間とします。

契約期間の設定例 対象車両の導入月 車両使用期間 リース開始日 リース満了日
1.ワゴン車 2014年6月 初度登録から5年
(60カ月)
2015年9月1日
(初度登録日から
15カ月経過)
2019年5月31日
2.バン 2013年3月 初度登録から5年
(60カ月)
2015年9月1日
(初度登録日から
30カ月経過)
2018年2月28日

以上の条件のもと、それぞれの契約期間を設定すると・・・

リースバック プランの例

毎月のリース料に含まれる費用 (メンテナンスリースの場合)

  • 車両代金
  • 登録諸費用
  • 諸税 (自動車税、自動車重量税など)
  • 各種保険料
  • 点検整備
  • 消耗部品
  • 修理

次のページへ:ご契約手続き~リース開始までの流れ

リース全般に関する
お問い合わせ

営業統括部

03-5476-0151 (受付時間 9:00~17:30 / 年末年始、土日祝日を除く)

各種お問い合わせ先一覧

各種 商品サービスの詳細は、こちらからお問い合わせください。