お客様導入事例

鹿児島県薩摩川内市 様

お客様からのコメント

鹿児島県薩摩川内市 (さつませんだいし) では、2013年3月に 『次世代エネルギービジョン』 を策定しました。同ビジョンを踏まえた具体的な取組として、薩摩川内市内の甑島 (こしきしま) を舞台に、2013年8月より電気自動車 『i-MiEV』 3台を 『EVレンタカー』 としてリース導入し、実証事業を行っています。

2014年度の国定公園昇格を目指している甑島 (こしきしま) は、手付かずの自然と豊かな食文化、地元の人々との触れ合い等、魅力溢れる島です。薩摩川内市では、島内でレンタカー事業を営む3事業者と市役所による 『カーシェアリング』 を実施しており、島を訪れる方々が実際に環境にやさしい電気自動車を 『体感』 できる環境を整備しています。

また、三菱オートリース(株) 独自のデータ収集サービスである 『EVテレマティクスサービス』 を活用することで、利用者から走行距離、電費、 CO2 排出量等の定量データを収集するとともに、電気自動車を利用しての感想や意見等、定性データの収集も行っています。

実際にEVレンタカーを利用された方々からは、「音が静かで乗り心地が良い。」 「気持ち良く甑島を観光することができた。」 という声が寄せられており、電気自動車の導入が島の観光振興に繋がっています。

薩摩川内市としては、今回の実証事業を通じて、将来的に甑島 (こしきしま) が 『エコアイランド』 として島のエネルギーの作り方や使い方を考えていくことに加えて、そこに住む方々の生活そのものが、より魅力的に輝くようになることを望んでいます。

導入 EV

EV ソリューションについての詳細は、こちらからお問い合わせください。