Evolution to a MOBILITY SERVICE COMPANY

ヒトとモノの移動を支える
モビリティサービスの提供を

三菱オートリースは1972年の設立より、時代の変化やお客様のニーズの変化に合わせてサービスを提供してきました。
ファイナンスとしてのリースにとどまらず、メンテナンス、フリートマネジメント、テレマティクス、BPO等、
最適な車両管理を提供することでお客様の課題解決に努めてきました。

自動車業界が「100年に一度の変革期」の中、様々なキーワードが誕生しました。
Connected(コネクテッド)、Autonomous(自動運転)、Shared(カーシェアリング)、Electric(電気自動車)、の頭文字を取った「CASE」や、
マイカー以外のすべての交通手段によるモビリティ(移動)を1つのサービスとしてとらえ、
シームレスにつなぐ新たな「移動」の概念である「MaaS(Mobility as a Service)」、自動車を一定期間、定額料金で利用できる「サブスクリプション」など。

このような時代の変化に即したサービスの提供が、三菱オートリースにも求められています。
私たちは、これまで培ってきたオートリース事業を軸に、お客様の変化や利用形態の多様化に適用した最適なモビリティサービスを提供していきます。

モビリティサービス企業への進化

01Mobility Solution

マルチブランド・マルチアセット・
マルチテクノロジーによる
最適なサービス

個人・法人すべてのお客様/ステークホルダーに対し、モビリティサービスを通じた最適なソリューション・付加価値を提供します。

02Global Partnership

海外との戦略的パートナーシップ

オートリース業界における世界最大のアライアンスであるALD Automotiveグループ(仏)・Wheels(米)との戦略的パートナーシップに基づき、日本国内のお客様全てに対して画一的で利便性の高い包括的なフリートマネジメント・モビリティサービスを提供します。

ALD Automotive wheels

03Electrical Technology

EV・e-Mobility

脱炭素社会の実現にはe-Mobilityの普及が不可欠です。10年を超えるEVフルサービスリースの経験・ノウハウを活かし、e-Mobility普及が進む環境づくりと、e-Mobilityが地域社会のレジリエンス・エネルギー最適化を担う仕組みづくりを目指します。

EVリースポータルサイト新しいウインドウで開きます

04Mobility Innovation

モビリティの技術革新(CASE)を捉えた
次世代型サービス

Connected/Autonomous/Shared/Electricといったモビリティの技術革新を受け、従来のサービスに付加した新しいモビリティーサービスの提供を目指します。

05Digital Technology

デジタル×モビリティサービス

新しいデジタルテクノロジーの導入によりお客様の車両管理の利便性向上及びモビリティサービスの可視化・最適化を図ります。

06Business Alliance

ビジネスアライアンス・協業

お客様をはじめ様々なパートナー様とのビジネスアライアンス・協業による更なる付加価値サービスの提供・事業発展を目指します。

トップへ