オートリース業界初となる日本政策投資銀行の「DBJ BCM格付」取得のお知らせ

2014年10月31日
三菱オートリース株式会社

三菱オートリース株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:谷村 信哉)は、この度、防災力・事業継続力を評価され、株式会社日本政策投資銀行(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:橋本 徹、以下DBJという)より「DBJ BCM格付」※1を取得しましたのでお知らせ致します。

 

今回の格付取得では以下の点で高い評価をいただきました。

・BIA※2の手法に則り、当社事業・業務を網羅的に洗い出したうえで顧客や株主、社会システム等複数の観点からの業務中断による影響評価に基づき重要業務を特定し、発災後の対応手順を時系列で整理している点

・主要拠点において重要業務を遂行する人員の代替確保や権限付与など事前の準備を進めるとともに、事業継続教育・訓練の実施により実行性の確保を図っている点

・BCPを踏まえた資金運用により、有事においても流動性を十分確保できる体制を整えている点

 

三菱オートリースはお客様から信頼され、必要とされるビジネスパートナーとして、常に全力を尽くせるよう、今後も引き続き防災及び事業継続等への取り組みに励んで参ります。

※1「DBJ BCM格付」とは、DBJが開発した独自の評価システムにより企業の防災、事業継続対策への取り組みの優れた企業を評価、選定する制度。
※2「BIA (business impact analysis)」とは、ビジネスインパクト分析と訳され、不測の事態によって業務が停滞した場合の影響を、定量的、定性的に評価する分析手法。

 

本件に関するお問い合わせ先

経営企画部 広報担当  神田・根岸
TEL:03-5476-0112

各種お問い合わせ先一覧

各種 商品サービスの詳細は、こちらからお問い合わせください。