オートリース業界初「健康経営優良法人2018(大規模法人部門)~ホワイト500~」認定

2018年 2月28日
三菱オートリース株式会社

三菱オートリース株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:東馬 圭一)は、2018年2月20日、経済産業省と日本健康会議が連携し認定する健康経営優良法人制度の「健康経営優良法人2018(大規模法人部門) ~ホワイト500~」に認定されました。

健康経営優良法人制度とは、地域の健康課題に即した取り組みや日本健康会議が進めている健康増進の取り組みをもとに、特に優良な健康経営を実践している法人を顕彰する制度です。従業員の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に実践している法人を認定することを目的としており、認定第2回目となる今年、「健康経営優良法人2018(大規模法人部門)~ホワイト500~)」に当社を含む541法人が認定されました。

三菱オートリースは、2017年度より「健康経営」に取り組んでおります。〝社員が心身ともに健康であること〟は重要な経営資源であり、〝体の健康〟と〝心の健康〟により、社員自身の能力や個性を発揮することが可能となります。そのためには、「〝ワーク〟と〝ライフ〟の双方の充実を、自らが積極的にマネジメントすることが必要である」と考え、〝体の健康〟〝心の健康〟〝ワークライフマネジメント〟を取組の軸として推進しております。働き方改革にも着手しており、有休休暇取得推奨日設定、プレミアムデーの導入など、労働時間適正化に向けて様々な施策を実施しています。また、2015年度からストレスチェックを行うなど社員への健康投資を行うことで、社員一人ひとりが健康で活き活きと働き、職場内外の生活を充実させることを目指しています。

今回の「健康経営優良法人2018(大規模法人部門) ~ホワイト500~」認定を契機に、より一層、社員とその家族が健康意識を高め、お客様や事業パートナーの皆様から「期待される会社」であり続け、その「期待に応える会社」としてまた「期待を実現する会社」となるべく、健康経営の実践に取り組んでまいります。

 

 

 

 

 

(ご参考)経済産業省・日本健康会議Webサイト
経済産業省Webサイト:http://www.meti.go.jp/press/2017/02/20180220003/20180220003.html
日本健康会議Webサイト:http://kenkokaigi.jp/ 

 

 

 

以上
本件に関するお問い合わせ先
経営企画部 広報担当 松木
03-5476-0112

各種お問い合わせ先一覧

各種 商品サービスの詳細は、こちらからお問い合わせください。