Top Interview

トップインタビュー

自ら考え、行動するからこそ、
これまでにない価値が創造できる

代表取締役社長
中野 智

大阪府出身。高校時代は野球部。社会人になってからも続けている。いま休日はゴルフに行くことが多い。好きな偉人として「あくなきチャレンジ精神と、前向きな姿勢に感銘を受けた」という理由から、高橋是清を挙げている。座右の銘は是清の「心是為常楽」。

Satoshi Nakano

01

変化をチャンスと捉え、新たなビジネスにつなげる

世界最大の産業である自動車業界がいま、大きな変革のときを迎えていることはご存知でしょうか。脱炭素や電気自動車、自動運転に向けた取り組みなど、新技術の開発が進んでいることは、皆さんの耳にも届いていることと思います。一方で自動車をめぐるサービスにも変化が生じています。これまで自動車は自ら購入し「所有するもの」と考えるのが一般的でしたが、現在はレンタカーやカーシェアのように移動手段の一つとして、「利用するもの」と捉える傾向が強まっています。自動車はもはや単なる「モノ」ではなく、サービスを含めた「コト」としての提供が求められており、自動車業界の構造そのものが変化しようとしているのです。まさに100年に1度の大変革期であると思います。

そういった中で、私たちのようなオートリース企業が果たす役割は非常に大きいと考えています。そもそもオートリースとは、例えば、ある企業が営業車を利用する際に全ての車を購入し、メンテナンスなどの業務を行うと、膨大な時間と費用がかかってしまうところを、私たちオートリース会社が自動車を利用したい企業に代わって車を購入し、長期間「貸し出す」というビジネスモデルです。つまり、先に申し上げたような自動車の利用形態の変化は、オートリースのビジネスと非常に親和性が高く、大きなチャンスでもあります。可能性が広がっている市場だからこそ、当社はニーズを先取りしたビジネスを展開し、自動車を貸すだけにとどまらない「モビリティサービス企業への進化」を目指しています。

02

枠にはまらず、前向きにチャレンジを

これまで当社は、強みである三菱グループ各社との協業による幅広い営業チャネルを活かし、法人向けオートリースのビジネスに注力してきたことで、強固な事業基盤・顧客基盤を構築することができています。そうして築き上げてきた成果が実り、2021年3月期は過去最高益を更新しました。上記のような安定した事業基盤をもとに、さらなる市場の拡大に向けた新たな取り組みにチャレンジしています。

具体的には、「個人向けオートリース」が挙げられます。若年層の方をイメージしていただくと、わかりやすいかもしれません。「車は初期費用・維持費が高い」、「メンテナンスに手間がかかる」といった理由から、自動車を購入し、所有する人は年々減少しています。このような「車は使いたいけど、買うまでには至らない」という一般のお客様にも、自動車の価値を感じてご利用いただくために、個人向けオートリースの部署を立ち上げました。そして2021年6月から「ピタクル」というサービスをリリースし、新たな一歩を踏み出しています。

しかしながら、こうした取り組みもまだ序章にすぎません。多様化するニーズに応えるためには、これまでのビジネスの延長ではなく、競合企業が展開していないような新たなサービスを開発していく必要があります。当社は安定した事業基盤が強みである一方、機会とリスクを見据えて積極的にチャレンジする姿勢はこれからだと思っております。入社を希望される皆さんにはぜひ、そういったことに果敢に挑戦してほしいと思っています。私たちは自動車という商品ではなく、自動車にかかわるサービスを通じて、世の中に価値提供をする会社です。常識にとらわれず、どのようにしたら世の中の役に立つことができるのか。これを自ら考え抜き、自ら創造することを皆さんに期待しています。その方法や可能性は無限大にありますので、変化を前向きに捉え、行動できる方とチャレンジしていきたいと考えています。

03

会社は人でできている

ここで少し私のキャリアの話をさせていただくと、私のビジネス人生におけるターニングポイントが2つあります。一つは前職でインドネシアに駐在した時のことです。現地の有力企業に対し、生産設備や原材料にファイナンスを付けて販売していたのですが、急な資金繰りの悪化で、数百億円規模の債権が焦げ付く事態に陥ってしまいました。債権回収のために奔走することとなるのですが、そこで学んだのは「リスクをきちんと分析したうえでチャレンジすることの重要性」です。リスクのないところに利益なく、挑戦なくして企業の成長はありませんが、マネージできる範囲を超えるリスクを負うと、リスクが顕在化した時のダメージが大きくなります。リスクを適正に判断し、とれる範囲でのリスクをとる準備をしたうえで、事業拡大のチャンスを狙うこと。大きなチャレンジをするためには、緻密な準備が欠かせないと肝に銘じています。

もう一つは、とある工場設備の専門商社で社長を務めた経験です。初めて会社を経営する立場になりましたが、「会社は人でできている」というのを最も強く感じました。商社はメーカーではないため、お客様からモノやサービスを買っていただくためには、その担当者が信頼関係を構築し、お客様から愛されることが大切です。お客様とのコミュニケーションが疎かになってしまったり、担当者が頻繁に交代したりすると、お客様は離れていってしまいます。つまり、お客様に信頼される人材を育成することこそが、会社の持続的な成長につながるのです。これは自社製品を持たない当社にも通ずる考え方です。自動車そのものではなく、クルマとともに生きる社会の仕組みや、アイデアを買ってもらうことが私たちの仕事です。したがって、自立的に行動できる社員を育て、お客様から愛される会社でありたいと思っています。

三菱オートリースでは社員一人ひとりが知恵を絞り、サービスをプロデュースしています。そして当社の魅力は間違いなく、「人」であると考えています。「人」次第で提供できる価値が変化する業界だからこそ、自ら考え、自ら行動できる人材が活躍できます。そうした社員が成長を実感でき、力を発揮していけるよう様々な研修制度を設け、全面的にバックアップしています。成長への志や挑戦心を持った方はぜひ来てください。当社でお待ちしています。

アセット 3